絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

暮らし

次世代通信規格「5G」が2019年開始は本当なのか 対応iPhoneも発売?

投稿日:2018年10月7日 更新日:

次世代通信規格「5G」が2019年開始で話題に 対応iPhoneも発売?

超高速の次世代通信規格となる「5G」

次世代移動通信システム「5G」は、いま日本で使われているLTEや、LTE-Advancedの次に予定されている通信規格。

5Gでは当然、通信速度の向上が図られるが、ほかにもIoT時代に即した「同時多接続」や「低遅延」といった要素が盛り込まれ、人々の暮らしを一変させる可能性を持っています。

5Gの通信速度は、現在のLTEの約10倍になることが見込まれています。また速さだけではなく、大容量化、低コスト、低消費電力、多数の端末接続対応など幅広い性能をもつ、ネットワークシステムを目指している。

5G通信サービスは、世界各地の携帯キャリアが2020年の商用サービス開始を目標に準備を進めています。

「5G」を2019年にスタートすると日本の大手携帯会社が発表し話題に

次世代通信規格「5G」が2019年開始で話題に 対応iPhoneも発売?

出典:ビジネス+IT

NTTドコモなど携帯電話大手3社は10月3日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムのサービスを2019年に始める構想を発表した

携帯大手のトップが、次世代通信方式「5G」によるサービスを、一部前倒しして2019年秋にスタートする方針を明らかにした

総務省は10月3日、「第5世代移動通信システムに関する公開ヒアリング」を開催。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの社長は揃って、2019年に5Gのプレサービスを開始する計画を明らかにしました。

当初はエリアが限定されプレサービスとなるよう

当初はエリア限定や試験的な導入となるが、これまで「20年ごろ」とされてきた見通しより早いことがわかりました。

ドコモは2019年9月に5Gのプレサービスを実施し、2020年春に商用サービスを開始する予定。プレサービスとは、料金をとらない無料のサービスを指すが、端末の販売も行われず、端末を貸し出す形になる見込み

KDDIは2019年に一部エリアから高精細映像の配信、スタジアムソリューション、ドローン警備などの5Gサービスを開始する。4Gとのハイブリッドながら、本格展開は2020年で、これには大容量モバイルサービスも含まれます。

ソフトバンクは2019年度から5Gサービスを開始するとし、2019年夏にスタジアムやVRを使った視聴体験イベントを開始する。2020年のオリンピック開催時期には、遠隔地からスマホやVRで競技を視聴できる超高速大容量サービスを、全国を目標として提供する方針です。

石田真敏総務相は地方からの整備が重要だとする

次世代通信規格「5G」が2019年開始で話題に 対応iPhoneも発売?

出典:モバラボ部

10月2日に発足した第4次安倍改造内閣で初入閣した石田真敏総務相は5日、産経新聞などのインタビューに応じ、高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式を重要インフラと位置づけ、地方での整備を促す方針を示しました。

また、総務省は10月2日、次世代のモバイル通信規格「5G」を用いた地域課題解決などのアイデアを募る「5G利活用アイデアコンテスト」の実施を発表、コンテストでは、10月9日から11月30日までアイデアを募集し、12月に全国各地の総合通信局などで地方選抜を実施した後、2019年1月中に結果を出すとしている。

対応のiPhoneなどのスマホの発売の可能性も注目される

次世代通信規格「5G」が2019年開始で話題に 対応iPhoneも発売?

出典:iPhone格安SIM通信

Appleが、2020年の商用サービス開始が予定されている次世代モバイル通信規格「5G」に対応するiPhoneの発売時期と価格設定に悩んでいるようだ、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

Appleが2019年に5G対応iPhoneを発売するかどうか今のところ未発表、4Gモデルを引き続き販売する可能性もあると関係者は示唆していますが、一方で4G/5G対応の新型iPhoneを投入する可能性もあるとのことです。

一方、Samsung、Huawei、Xiaomi、Oppo、Vivoといった端末メーカーは、2019年中に5G対応端末の発売を計画していると報じられている。

5G対応iPhoneは高くなる可能性も

発売されるたびに上昇する、iPhoneの値段。新しいiPhone「XS」「XS Max」が9月21日から発売されたが、従来に比べ、かなり価格が高くなりました。

Appleは5G対応の新型iPhoneをライバル各社と同様、4Gと5Gに対応したデュアルモードのiPhoneを2019年に発売し、価格は1,299ドル(約148,000円)程度で、iPhone XS Max(1,099ドル:日本では124,800円〜)よりも高騰し、現行iPhoneで最も高価になる可能性もある、と指摘されています。

2019年「5G」がどういった形でスタートするのかに注目

2019年に5Gがスタートを切る2019年は5G対応スマートフォン元年になるであろう。

映画1本を3秒でダウンロードできる「5G」の時代がまもなく来ます。

高精細な映像配信などが計画されており、料金をどこまで抑えられるかが普及の鍵を握りそうです。

  • この記事を書いた人
カリメロパンチ

カリメロパンチ

-暮らし
-

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2019 All Rights Reserved.