絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

時事ネタ

【スポーツ指導者は見て】世界88カ国40万人の研究結果で『体罰を禁じる事で若者の暴力性が劇的に減少する』事が判明!

投稿日:2018年11月2日 更新日:

【指導者は見ておくべし】体罰を禁じる事で若者の暴力性が劇的に減少することが世界88カ国40万人の間で研究で示される !

作者:アジシオ太郎

 

ども~♪アジシオで~す('ω')ノ

 

体罰・・・(。´・ω・)

世界88カ国40万人を対象にした研究で、体罰を禁じる事で若者の暴力性が劇的に減少するという結果が出たと言う事ですので早速いってみましょう('ω')

世界88カ国40万人対象の研究結果で実証('ω')

体罰 世界88カ国40万人対象の研究結果

 

「しつけ」と称して相手を叩くなどの罰を与える体罰に対する見方は厳しさを増しており、「体罰は単なる暴力である」という見方が強まっています。

88カ国・40万人を対象にした調査からは、「体罰を禁じることで若者の暴力性が減少する」という結果が明らかにされています。

この調査は、イギリスの医学会雑誌「BMJ Open」において発表されたもの。

その結果、ドイツやスペイン、ブラジルなど体罰を全面的に禁止した国では、肉体的に争いごとを起こす確率が「禁止なし」の国に比べて男性で69%、女性で42%少なかったことが明らかになっているとのこと。また、学校においてのみ体罰が禁じられている国では、男性は顕著な変化がない一方で、女性は56%低い値を示しているとのこと。この「部分禁止」の国にはアメリカ、イギリス、カナダなどが含まれます。

この結果について、主任研究者でモントリオールのマギル大学のフランク・エルガー准教授は「現時点で言えるのは、体罰を禁止している国で成長した若者は、そうでない国の若者に比べて暴力性が低い、ということです」と述べています。

またこの傾向は、国ごとの裕福さや殺人率の違いには関係ないことが確認されているとのこと。つまり、成長期にある子どもに体罰が加えられる環境があるかどうかによって、その国の若者の暴力性は一定の影響を受けるということになります。

引用:https://gigazine.net/news/20181030-ban-spanking-less-violent/

 

つまり暴力を知らなければ、暴力のやり方が分からないと言った所でしょうか・・・(。´・ω・)?

 

ネットの反応('ω')

猫 ネットの反応

 

・自民党の会合で、日本会議所属の議員が「体罰は必要だ」と発言してた動画を思い出した。
後進国丸出しの日本。
  
・大人が人間を殴ってるんだから それを子どもが学習して 「私たちだって、人間を殴ってもいいはずだ」
ってなるのは当然のこと
  
・暴力を知らない人は暴力のふるいかたも分からないからね。逆に暴力を受けてきた人は暴力まで短絡的になる
  
・もう体育会系とか時代遅れなんだよね、あの頃があるから今の自分があるなんて辛かった過去を正当化してるだけだしね
僕は父に体罰を受けて育ったけど1ミリも感謝してなければ、社会に出て行かせたこともマジで皆無 すぐに手が出る人は自分の頭が悪いって言ってる証拠
  
・とりあえずスポーツの指導者はみんな読んだ方が良いです。
  
・物理的に言葉が通じない時期はある程度仕方ないかも知れんが物心ついて言葉が理解できるようになった子供には
まったく不必要。もちろん大人にも要らない。
  
・当たり前だ。 犬だって殴ったりどならなければ大人しく育つよ。

 

最後に('ω')

こうして世界と照らし合わせてみても、日本は先進国とは名ばかりで実際は程遠い国と言う事だと私は思います(。´・ω・)

日本における体罰問題は賛否両論ですからね・・・(。´・ω・)

今50代くらいの方はテレビなどを見てこんな事で騒ぐのか・・・と思ってるかた多いと思います('ω')

まー世界的にみてどうなのか?って事なんでしょうけど・・・www

 

では('ω')ノ

  • この記事を書いた人
アジシオ太郎

アジシオ太郎

-時事ネタ
-, , , , ,

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.