絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

暮らし

【台風直撃】台風が直撃する前に避難対策せずいろいろ困った事。

投稿日:2018年9月7日 更新日:

台風21号傷跡

 

作者:アジシオ太郎

 

こんにちは。アジシオ太郎です。

 

今回台風21号が接近、そしてもろに直撃と、大きな被害がありました。

私もその一人で、恐らく近畿圏はこの台風21号で大打撃を受けた事に間違いありません。

前の家の瓦がフッ飛ぶは、ベランダにある隣の部屋に緊急避難するようの壁がぶっ飛んでくるは、もう完全に『災害特集番組とかで見た事あるレベル状態』なんですね。そう。テレビで見た事ある。そんな光景が目の前で起きていて、まさかここまでの被害が自分に降りかかるとは・・・(´・ω・)

ですので今回は、台風対策しない➡台風直撃➡そしてこうなった。でお送りしたいと思います('ω')ノ

※今も被災されている方々の、いち早い復興を祈っております。

予報では9月前から直撃の恐れがあるとメディアで放送される

台風21号被害

 

メディアの報道で台風の存在を知った私ですが、率直な見解で言えば『台風また来たのか。ふ~ん』くらいで、この時点ではそれ程意識していなかったんですね。

というのも今年は台風が多く発生、交通機関に影響がでる、大雨が降るなどでそんな事は日常生活に置き換えても雨は降る、時には強い風が吹く事もあるので、私はそんな日の延長だと思っていました。

それに台風は反れる事も大いにありますかね(´・ω・)

そこまで台風に関心がなかったのです。(と言うよりも台風が来過ぎて台風麻痺が起きていました)

そんな胡坐(あぐら)をかいているうちに刻々と台風21号が接近していて、駅のホームなんかでもその話題で持ち切りになっていました。

『明日電車はうごくのかな~?』

『行きは行けても帰りが帰れないのか~?』

などなど。

そして私がようやく『おっ!今回はヤバいのか?』と気付き出したと同時に・・・

台風直撃決定枠に入る

台風21号被害 対策

 

あれ?今回はマズイやん( ゚Д゚)と感じたのは直撃の直前。

交通機関すでに止まってるし、家から出ないでいようと決めて、台風が来るのをまっていました。

ひゅんひゅん音がする風は次第に強まり、雨のおとがバチバチと音が鳴りだし、おや?

いつもと音が違う( ゚Д゚)!!!

雨、風の音が明らかに違う( ゚Д゚)!!!

窓から外の様子を伺うが何も見えない( ゚Д゚)!!!

 

そんな状況の中・・・

台風の影響で停電

台風の影響 停電地域

そうです。停電です( ゚Д゚)

停電が起きた時間は4日PM2:00頃だったと思います。気付けばテレビ、エアコンなどの電機は完全に消えていて、

『あれっ?停電してない?でも大丈夫('ω')ノすぐ復旧するだろう('ω')ノ』と思っていた私が駄目だった・・・

今回の台風はスピードが速いため、大方過ぎ去り、雨脚が弱まって、まだ明るいうちに対策をしていればまだ良かったんですが・・・

私は完全に被害をナメてましたね(´・ω・)

結論で言えばその後一日以上、電気の回復はなく、オマケに水道も止まってしまった。

勿論交通機関全てストップ。まだ暑い部屋の中でエアコンは無し、辺りはすぐさま真っ暗。それにスマホの充電残り9%と言う致命的な状態に陥ってしまったんですね(´・ω・)とにかく情報すら入ってこない状況の中、空腹、熱さに耐え一夜を過ごしたのでした。

次の日も混乱は続く

関空孤立客、水陸で輸送続く 台風21号、被害の爪痕各地に

翌日5日のPM7:00頃電気が復旧と同時に、水道も復活していて、ここでようやくテレビをつける事になったのですが、

もはや近畿各地凄まじい事になっていたと言う事は言う間でもありません。

今回私は改めて災害の恐怖を痛感する事になりましたが、皆さんも決して他人事ではありません。

『明日は我が身』を肝に銘じて私みたいに困らないようにしてもらえると幸いです(´・ω・)

そこで私が災害時に『これしとけば良かった』・・・(´・ω・)をいくつかあげたいと思います('ω')ノ

まず・・・

電気止まる前にスマホバッテリー満タン('ω')ノ

スマホバッテリー満タン

 

一番厄介なのはスマホの充電。何かしらの災害で停電が起きる可能性がある時、バッテリーは満タンにしておき、さらにモバイルバッテリーを常備しておきましょう(´・ω・)

この二段構えを私は推奨します。(バッテリー問題は停電後、時間がたってから困った汗)

懐中電灯とか、照明機器もお忘れなく('ω')ノ

そして次は・・・

飲料水・菓子パン・缶詰などの食料完備(*ノωノ)

災害に備えて食料完備

これも時間が経てば経つほど苦しい問題に直面します(´・ω・)

あらかじめ用意しておく事が重要です。因みにもうお分かりかと思いますが、冷蔵庫もストップしますので中の食材もあてにならなくなる可能性もありますのでご注意下さい(´・ω・)

(夏と冬で大きく変わるかと思いますが・・・)

そして('ω')

湯船にお湯を貯めよう(*ノωノ)

災害用水確保

湯船でも洗面器でも、お湯を貯めれそうな所にはあらかじめお湯(水)を貯めておこう(´・ω・)

というのも、電気が止まれば、水道もやがて止まりトイレも流せないし、お風呂も入れないからです。

これらも厳しい状況に追い込まれます(´・ω・)

しかしこれだけの水が確保できれば少しの間は安心できます('ω')ノ

※今回で勉強になりましたが、水を吸い上げるポンプは電気で吸い上げていて、実質水道管・水道ポンプに問題なくても電気が落ちれば貯水タンクから水を吸い上げられなくなるという事でした。

要は電気が止まれば連鎖でガス・水道ももれなく止まる可能性があると言う事です。

後はベランダの物は部屋の中に('ω')ノ

ベランダ窓吹き飛ぶ

本当に飛んでくる、もしくは飛ばされるので要注意です。

私のベランダに置いていた物は少なくそれ程の被害はありませんでしたが、

(正確には隣からベランダにある避難要ボードが砕け散り飛んできた)程度でまだマシでしたが、周りの人はガラスが割れるなど被害が凄かった(´・ω・)

※二十被害にならないように注意しましょう('ω')ノ

最後に今回の教訓を経て・・・

東京夜景

 

普段当たり前のように使っているライフライン。

電気はついて当たり前、ガスは通ってて当たり前、水は出てきて当たり前。

しかしある日突然3つ止まればどうなるでしょうか?

もはや答えは簡単です。

無力を痛感するw

なすすべ無し。この言葉に尽きますね。何もできなくなると言う事と、

もう一度水・電気・ガスのありがたさ('ω')を考えさせられた私でございます。

いかがでしたか?全国的に地震や台風などの災害が立て続けに起きる中、今回被災経験して思う事が沢山ある訳なんですが、確かに言える事は『準備を怠ると痛い目に合う』と言う事です。

私は今回の経験で今まで無関心であった防災グッズなど一度見直そうかと思っております('ω')ノ

皆さんも『私の地域は大丈夫!』など思い込まないで、いざ!と言う時の対策を心がけて下さい☆

 

それでは今回はこの辺で('ω')♪

  • この記事を書いた人
アジシオ太郎

アジシオ太郎

-暮らし
-, , , ,

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2019 All Rights Reserved.