絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

時事ネタ

【デスキャンペーン】政府「Go Toキャンペーンは今更やめられない」そんな中「都のコロナ警戒レベルを最大に引き上げ」

投稿日:

【デスキャンペーン】「Go Toキャンペーンは今更やめられない」そんな中「都のコロナ警戒レベルを最大に引き上げへ」

こんにちゎ。アジぼっちです('ω')

さて新型コロナの話題である。

前回も同じような記事を書いたけど、この話題に関しては随時更新である。

前回、新型コロナ感染者拡大の懸念が広がる中、あのデスキャンペーンが始まるという内容の記事なんだが、その中でも私の思う事を書き記しているので、一様載せておこう。

西村経済再生担当大臣デスキャンペーンについて「注意をしながら進めていかなければならない」と言う発言に関して、「ん?どうやって?」っていうツッコミを入れてるんだけど、どうやらこのキャンペーンを通じてに感染拡大・リスクに対する何らかのリスクヘッジをとるという考え方がある訳ではなく、事実上の無策である事が見て取れる訳だ。

そん最中、いやいゃ。大分イカれてやがるな。と思った発言があった。

やはり日本政府は経済を先行させ、国民の感染リスクに対して責任なんて取るつもりはない。という考え方が日本政府にあるという事を良く理解できる発言だったので記録も兼ねて記事を書こう。

日本政府「正直、多少の感染者が出ることは想定内」

日本政府「正直、多少の感染者が出ることは想定内」

批判が相次いでいる中、「中止や延期はないと思う。旅行業界は今、ボロボロだ。瀕死の重傷だから、早急に輸血をしないといけない差し迫った状況だ。

正直、多少の感染者が出ることは想定内。感染症対策をしながら、新しい旅行様式を育てていかないといけない」と話した。

テレ朝news

えっ、どう言うこと?

自分なりの解釈で言わせてもらうけど、このデスキャンペーンで感染者は増える事は想定内だと。

で、感染に気を付けながら新しい旅行の形を作るって言う事なのかな?

どうやってそれを成立させるのだろうか?プロセスがむちゃくちゃであり理解不能である。

つまりと言うか、これにて感染者が増え、死者が増えたとしても、経済回復を先行させるという事なんだ。

ていうか、コロナ感染者が激増する方が日本にとって大損害を喰らうと思うんだけどなー。政府の意図してる事は良く解らないんだけどね。

で、そんな最中、東京都は新型コロナ警戒レベルを最大に引き上げたという。

東京都は新型コロナ警戒レベルを最大に引き上げ

東京都は新型コロナ警戒レベルを最大に引き上げ

へー。そりゃそうなると思うんだけど、警戒レベルを引き上げたからと言って、特に何かがある訳でもなく、「気を付けてね」くらいの警告を出してあとは何もしないという百合子の作戦だろうね。

まー餅は餅屋に聞けなんて言葉があるけどさにあらず。

結局のところ専門家が分析し、「このままでは危ないと思うよ」と言った所で百合子が「あかん」と言えば意見なんて通らないのである。

東京都において最終決定を下すのは紛れもない百合子なのである。

そして警戒を促すのも百合子で、その後何もしないのもまた百合子である。

ネットの声('ω')ノ

【ホビカン】犬と猫とパソコンからのネットの反応

・「検査数が大幅に無駄に拡大していると思われる」
の間違いだろ

・専門家の名前経歴、科学的根拠あれば
一緒に掲載お願いしたいですが

・都は芯が通ってないのが問題
国と同様に国民まかせになってる、

・誰だよ小池に投票したバカは

・いきなり警戒レベル最大って………
なんやねんw

・引き上げるだけで後は放置でしょ?

・コロナは高齢者が重篤化するって言うのに
なんで政治家は未だに1人も感染してないんだろ?

さいごに一言('ω')

【無策】22日から開始される「Go Toキャンペーン」について西村大臣、「注意をしながら進めていかなければならない」

さて今現在のコロナ事情をまとめていこうと思う中、みんなが気になる事と言えばこのGoToキャンペーンではないだろか?

なんでわざわざ今GoToなのか?その理由は「今更中止できないから」だと。

感染リスク・感染者数増加に関しても「想定内」だと。

もうみんな分かっている事だと思うけど、あとはGoToしようが何しようが個々に委ねられているという事になる。つまり自己責任である。

さて批判爆発の中始まるGoToデスキャンペーン。

その行く末は誰にも分からない。何が起こるのか分からない。つまり未知数であるという事を頭に入れておいた方がいいと思うのである。

私は新型コロナにかからない。いや。明日は我が身である。

それではまた('ω')

  • この記事を書いた人
アジシオ太郎

アジシオ太郎

-時事ネタ
-, , , ,

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2020 All Rights Reserved.