絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

時事ネタ

【仰天】1.5億円の絵画が落札直後自動破壊!あの覆面作家のいたずらか

投稿日:2018年10月8日 更新日:

【仰天】1.5億円の絵画が落札直後自動破壊!あの覆面作家のいたずらか

世界的に知られる覆面アーティスト「バンクシー」

ストリートアートの生ける伝説、世界最高の覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシー(Banksy)

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。

【仰天】1.5億円の絵画が落札直後自動破壊!あの覆面作家のいたずらか

出典:HIDDEN

バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。

その正体不明の路上芸術家バンクシーの有名な絵画が2018年10月5日、ロンドンの競売大手サザビーズで、バンクシー作品としては史上最高に並ぶ104万2千ポンド(約1億5500万円)で落札された。

落札されたのは、バンクシーによって2006年に描かれた「赤い風船に手を伸ばす少女」

作品は、ハート型の赤い風船に手を伸ばす少女を描いたバンクシーの代表的なモチーフ。

【仰天】1.5億円の絵画が落札直後自動破壊!あの覆面作家のいたずらか

出典:TABIPPO.NET

落札直後にシュレッダーで自動破壊されてしまう

しかしその落札直後、額縁に仕込まれたシュレッダーによって、絵はずたずたに切り刻まれてしまった。

落札を告げるハンマーの音が鳴らされると同時に、作品が額縁の中を下がり始め、額縁の下辺に仕掛けられたシュレッダーを半分ほど通過。会場は騒然となった。

この自動破壊、オークションを実施したサザビーズによると、額縁にシュレッダーが仕掛けられていたためとしている。

どうやらバンクシーのいたずらとされるこの事件

バンクシーは6日朝、作品が細断されている様子と仕掛けを見てあっけに取られる人々を写した写真を自身のインスタグラム(Instagram)に投稿。写真のキャプションは競売人の言葉をまねて「going, going, gone(ありませんか、ありませんか、はい落札)」となっている

さらに、額縁にシュレッダーを仕込む様子などを種明かしした投稿では「いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ」というピカソの格言を引用した。

事件直後にサザビーズのオークション会場入り口付近で黒のサングラスをかけ帽子をかぶった男が警備員ともみ合っていたとされる報道も出ていることから、バンクシー自身が会場にいて仕掛けを作動させたとの臆測が出ている。

大きな話題となるこの事件、アート界に衝撃を与えているようです

英紙ガーディアンが「アート史上最も大胆ないたずらの一つ」と報じたこの事件。

バンクシーによる極めて大胆な奇術はアート界に衝撃を与えている。

サザビーズの幹部は報道発表で、「我々はバンクシーにまんまとやられたようだ」と述べた。

バラバラになった絵画が破損扱いとされるのか、シュレッダーが仕込まれていたことによって「値上がり」するのかは定かではない。

引用:NEVERまとめ

  • この記事を書いた人
カリメロパンチ

カリメロパンチ

-時事ネタ
-

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2019 All Rights Reserved.