絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

エンタメ 映画

【朗報】タイタニック号が復活!あの幻の豪華客船の旅が再実現へ!

投稿日:2018年10月24日 更新日:

【朗報】タイタニック号が復活!あの幻の豪華客船の旅が再実現へ!

タイタニック2号として復活!

レオナルドディカプリオ主演の映画「タイタニック」でも有名となったタイタニック号。

1912年4月14日、航海中に氷河に衝突し、その後大西洋に沈んだ。
沈没から110年後に、本来たどる予定だった船旅が、再現されることがわかりました。

【朗報】タイタニック号が復活!あの幻の豪華客船の旅が再実現へ!

タイタニック号を複製した「タイタニック2号」の就航が2022年に決まったと、USAトゥデイなどが報じました。
タイタニック1号と同じ、イギリス・サウサンプトンからニューヨークへの航路をとる予定です。

タイタニック2号は、イギリスの船舶会社ブルー・スター・ラインが手がける。もともと、タイタニック号沈没から100年となる2012年に建造が発表されていたが、金銭面での問題が発生し2015年以降中断されていました。
しかし同社は問題が解決したとして、建造の再開を発表した。

【朗報】タイタニック号が復活!あの幻の豪華客船の旅が再実現へ!

タイタニック2号は大西洋航路だけでなく、世界を一周して各地に寄港することも検討しているという。

ブルー・スター・ラインの経営者でオーストラリアの資産家クライブ・パーマー氏は、「寄港する世界中の港で、大きな注目を集め、好奇心を刺激し、その神秘さを楽しませてくれるでしょう」と話しています。

タイタニック2号は、客室のレイアウトなど見た目だけでなく、タイタニック2号は、元の客船とほぼ同数の乗客約2400人、乗員約900人を乗せ、船内の豪華な装飾や1~3等までの客室、食堂なども正確に再現する計画。ただし違うのは、中国で造船されるという(タイタニック号は、イギリス北アイルランドのベルファストで造られた)。

<タイタニック2号の予想図>

タイタニック号の悲劇とは

 

1900年代初頭、ヨーロッパから、多くの移民がチャンスを求め、アメリカへと押し寄せていた時代、北大西洋航路にはいくつもの大型客船が行き交い、船会社は競って、豪華でかつ速い大型客船を建造していた。その最中、イギリスの大手船舶会社が世界一の客船として作ったのが、「タイタニック号」。
当時世界一の大型客船で乗客1324人、乗務員899人の超大型客船でした。

【朗報】タイタニック号が復活!あの幻の豪華客船の旅が実現へ!

1912年4月10日、タイタニック号は英国、サウサンプトンよりアメリカ合衆国、ニューヨークへ向けに処女航海に出た。航海4日目の14日午後11時40分、ニューファウンドランド、セント・ジョンズ沖で氷山に接触、午前2時20分に沈没。この事故における死者は1500人を超えるといわれ、海難事故としては世界で最悪のものとなった。

沈没の原因は

 

氷山の存在が2度に渡り警告されていたにも関わらず、減速もしなかった。氷山を発見した際に減速して舵を切ったが、船腹が衝突し、また低温のために船体の金属特性がもろくなっていたので船体が2つに割れて沈没した。救命ボートも不足しており、救助の知らせを発するのが遅れたため、多くの死者が出た。

最後に

今回発表された「タイタニック2号」では、同じ悲劇を繰り返さないよう、最新のレーダーやナビゲーションシステムなどの安全設備を搭載するほか、救命ボートも十分に用意するという。

  • この記事を書いた人
カリメロパンチ

カリメロパンチ

-エンタメ, 映画
-

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2019 All Rights Reserved.