絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト

時事ネタ

【徴用工問題】日本政府が韓国を国際司法裁に提訴する方針を決定!しかし大使召還は行わない・・・

投稿日:2018年11月6日 更新日:

【徴用工問題】日本政府が韓国を国際司法裁に提訴する方針を決定!しかし大使召還は行わない・・・

作者:アジシオ太郎

ちわ♪アジシオです('ω')ノ

 

揺れる徴用工問題で、日本と言う国が舐められっぱなしの中、韓国を国際司法裁に提訴する方針を決定したとして注目が集まっております('ω')

がしかし・・・大使召還は行わないとの事・・・(。´・ω・)

早速いってみましょう('ω')ノ

韓国を国際司法裁に提訴する('ω')

【徴用工問題】日本政府が韓国を国際司法裁に提訴する方針を決定!しかし大使召還は行わない

政府は5日、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた。また、裁判手続きに関する韓国側との交渉、折衝などが必要なため、長嶺安政駐韓大使の召還は行わない。

ICJで裁判を開くには原則として紛争当事国の同意が必要で、手続きには(1)相手国の同意を経て共同付託する(2)単独で提訴した上で相手国の同意を得る-という2つの方法がある。政府は韓国から事前に同意を得るのは難しいことから単独提訴に踏み切る。

その場合も韓国の同意は得られないとみられ、裁判自体は成立しない可能性が高い。だが、韓国に同意しない理由を説明する義務が発生するため、政府は「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と判断した。

河野太郎外相は既に、徴用工問題が1965(昭和40)年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」としていることや、判決が国際法に照らしていかに不当かを英文にまとめ、在外公館を通じて各国政府やマスコミに周知させるよう指示している。

政府は今回の判決だけでなく、2015(平成27)年の慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意に対する韓国側の不履行など、度重なる韓国の不誠実な対応についてもアピールする機会とする考えだ。

政府は今回の判決は日韓基本条約の基盤を崩壊させかねない問題だと重視しており、政府高官は「今回は徹底的にやる」と語る。韓国側が現在、「韓国政府内でいろいろと判決への対応を検討している」と釈明しているため当面は対応を見守るが、外務省幹部は「おそらく韓国は有効な措置は取れないだろう」とみている。

この問題をめぐり、安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、「国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)として対応していく」と述べていた。

引用:産経新聞

 

遂にと言いますか、早々にアクションを起こした日本ですが、大使召還は行わない➝「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と言う作戦なんですね???と言うことでいいんだね?シンゾー???(安倍首相)

ネットの声('ω')

猫 パソコン ネットの反応

・こんな事で日本政府の仕事を増やさないで欲しい。

・韓国はこの提訴を受けて跳ね返すのか、切り返すのか、ヒラリと躱すのか、それとも火病るのか。いずれにしても今後に注目。

・竹島はできなかったのに本当にやるのか

・さあ盛り上がってまいりました。

・竹島と仏像もお願いします。

・徹底的に。うんざりしてる。うるさいし。

・国際司法裁判所って相手が出てこないとまったく意味がないんじゃなかったっけ?

 

・・・(。´・ω・)

最後に一言('ω')

※個人的な感想です('ω')

その通りです。結果的に相手が出てこないと一人相撲なんですね~・・・(。´・ω・)

何故召喚を行わないかと言うと、韓国側がそんなとこノコノコ出てくる訳がないからですよ。

大使召還は行わない➝「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」と日本政府は言っておりますが、

先に韓国側はこうなる事を分かっていて、

沈黙続ける韓国大統領府『国務総理室に任せてある。我々は関与しない』

と付箋を(ふせん)を張っているではありませんか・・・(。´・ω・)?

それを日本政府「韓国の異常性を世界に知らしめることができる」って・・・

 

シンゾー('ω')?

(安倍首相)

 

甘くないか?w

 

更にもう一手、いやもう三手先まで見てこの問題を撃破しない事には、未来の日本は明るくなる訳がない。

そう私は思う訳なんですね・・・(。´・ω・)

だからこんな子供だましなやり方では無くて、もっとパンチの効いたアクションを待ち望むばかりでございます('ω')

 

それではまた('ω')

  • この記事を書いた人
アジシオ太郎

アジシオ太郎

-時事ネタ
-, , , ,

Copyright© ホビカン | 絶対に気になる情報をお伝えするメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.